TEPとは

2021TEP概念図_300白

TEPとは

TXアントレプレナーパートナーズ(TEP)は、日本のトップレベルの技術をビジネス化し社会普及させることを目的として、2009年11月19日に設立されたスタートアップの支援組織です。

TEPは、コア技術を持ち、そのビジネス化を目指すスタートアップを中心として、起業・経営経験が豊富なエンジェル投資家、専門的アドバイスが可能なメンター、スタートアップとの連携を望む大手企業らを会員として組成しています。

スタートアップの効率的・効果的な成長のため、つくばエクスプレス(TX)沿線の大学や研究機関、地域行政をはじめ、海外の同様のスタートアップコミュニティにもネットワークを広げており、現在では世界でも有数の技術系スタートアップのエコシステムを構築しています。

■名称
一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズ
英名 TX Entrepreneur Partners (General Incorporated Association)
略称:TEP

■所在地
〒277-8520 千葉県柏市若柴178番地4 柏の葉キャンパス148街区2 ショップ&オフィス棟6階KOILパーク内

■設立
2009年11月19日に任意団体として設立 (2012年10月1日に一般社団法人化)

TEP運営規則

TEPアドバイザリーボード・コーポレート会員・グローバルパートナー 支援・連携事業 事集例

事業メンタリング・ビジネスモデル構築

ハンズオン支援blk 200

筑波大学 グローバル教育院 エンパワーメント情報学プログラムアドバンスト起業家コース

支援・連携先:国立大学法人 筑波大学
TEPは2018年4月に、筑波大学グローバル教育院エンパワーメント情報学プログラム(以下、筑波大学EMP)と「起業家教育に関する覚書」を締結し、筑波大学EMPの所属学生に向けた起業家育成講座「アドバンスト起業家育成コース」の支援を行いました。同講座では、具体的なビジネスアイディアを有する学生を対象として、メンタリングとビジネスプラン作成を組み合わせた講座を実施し、学生が起業に関連する知識を獲得するとともに、ビジネスプラン作成力、プレゼン力等の実践力を強化し、学生自身のビジネスアイディアによる起業を促進しています。TEPではサポート会員を中心としてメンターチームを組成、受講学生をサポートしました。
事業年度:2018年度

ハンズオン支援blk 200

次世代アントレプレナー育成事業(EDGE-NEXT)

支援・連携先:国立大学法人 筑波大学
筑波大学が協働機関として採択を受けた、文部科学省の次世代アントレプレナー育成事業(EDGE-NEXT※)に対する支援。本事業では、筑波大学およびつくば市内研究機関等の研究開発成果を基にした起業や新事業創出に挑戦する人材の育成、関係者・関係機関によるベンチャー・エコシステムの構築を目的としており、TEPは協力機関として、学部学生、研究者および大学教員等からなる受講者に対し、受講者のもつ研究シーズを事業化するためのメンタリング、より具体的にはビジネスモデルの構築やビジネスプランの作成等必要な支援を実践的に行い、将来産業構造に変革をもたらすような起業家を輩出するべく、プログラムの開発から携わり、運営のサポートも行っています。
事業年度:2017年度~