「J-TECH STARTUP 2020」認定企業を募集開始 <応募締切:2020年11月15日>

Share Button

国内最大級の技術系ベンチャー企業の支援組織『TEP』は、日本を代表する技術系ベンチャー企業を表彰する、「J-TECH STARTUP 2020」(ジェイテック スタートアップ)の企業募集を開始いたしました。

応募頂いた企業の中からTEPが「J-TECH STARTUP 2020」の認定企業を選出し、2021年2月開催の第5回「J-TECH STARTUP SUMMIT」イベントで、認定証を賞与いたします。認定企業はイベントを通した、メディア掲載や投資家とのネットワーキング、専門家によるメンターやグローバル展開へのサポート支援などを受けることができます。

「J-TECH STARTUP」は、技術をビジネスのコアコンピタンスとした事業で、グローバルな成長が期待される国内の技術系ベンチャー企業を「J-TECH STARTUP」銘柄として選定する取り組みです。TEPによる多様な支援や、国内外のネットワークの紹介を行い認定企業の成長をサポートし、国内のディープテックベンチャー企業を成長させるエコシステムの構築をめざしていきます。
過去の認定企業はこちらから:https://www.tepweb.jp/j-tech-ninntei/

 

■認定企業の特典
「J-TECH STARTUP 2020」認定企業は、以下の特典が与えられます。

  • 2021年2月に行われる認定証授与イベントにおけるネットワーキング構築
  • ディープテックに知見があるエンジェルや、協業を狙う企業などが参加する予定です。
  • TEPの海外連携先である世界各国の「グローバルパートナー」合計19都市29名を通じた
    ネットワーク紹介等の船渡し
  • TEPによる、事業計画策定支援、知財管理、資金調達計画のアドバイスなどの無償サポート
  • 認定企業の事業内容および技術の紹介につながるメディア掲載サポート

 

■「J-TECH STARTUP 2020」の募集要項
応募いただいた企業の方からピッチや面談などを通して、認定企業を選定します。認定企業は専門家によるメンターやグローバル展開へのサポート支援など、事業成長につながる特典をご用意しております。

<応募条件>
・技術を事業のコアコンピタンスとする企業。 
 ※ハードウェア、ソフトウェアの分野は問いません。
 ※バイオ技術、先端素材、ロボット、人工知能、自動運転、取り組み型ソフトウェアやクラウド上の処理エンジンなども対象となります。

<応募枠①:シード枠>
ベンチャーキャピタル等からの出資前の企業。エンジェル出資、クラウドファンディングからの資金調達を受けている企業、および起業予定者を含む。

<応募枠②:アーリー枠>
ベンチャーキャピタル等から出資を受けていて、以下の要件を満たす未公開企業。
 資本金額:1億円以下
 従業員数:50名以下
 大企業の子会社ではないこと ※法人の設立年は問いません。第二創業も対象となります。

<選考基準>
事業の革新性(産業構造を変えるような技術であること)
経済的な発展(対象とする産業規模が大きく、影響が広範囲に及ぶこと)
社会的影響力(世界社会に与えるインパクトが大きいこと)
事業の実行力(競争優位性、マネジメントチーム、戦略の全体整合性)

<応募方法>
下記の情報を運営事務局(j-tech@tepweb.jp)までお送りください。

  • ・代表者のお名前、連絡先電話番号、メールアドレス、応募枠
    • ・推薦者がいる場合は推薦者のお名前
  • ・プレゼン資料 
     事業およびビジネスモデルの概要

    •  「誰の」「どのような」課題を解決したいのか
    •  課題に解決をもたらす御社商品/サービスの概要
    •  技術の特徴および技術優位性
    •  事業の経済的・社会的インパクト
      ※ポイントを押さえたものをご用意ください ※機密情報が含まれるページには必ず「confidential」をご明記ください

<応募締切>
2020年10月31日~11月15日(追加公募期間)
2020年10月30日受付分まで(一次公募期間)
締切は厳守とし、運営事務局の応募書類受領時刻で判断いたしますのであらかじめご了承ください。

 

その他詳細はこちらのリリースをご確認ください。

 

 

 

Share Button