アジア・アントレプレナーシップ・アワード2016

Share Button

アジア・アントレプレナーシップ・アワード2016は、終了いたしました。沢山のご来場誠にありがとうございました。

受賞企業の発表はこちらをご覧ください。

aea2016_1600-500

アジア・アントレプレナーシップ・アワード(AEA)とは

アジアにおけるイノベーションのエコシステムを構築する

▼今求められる、起業家の力
世界のあらゆる課題の解決に果敢に挑むアントレプレナー(起業家)は、新しい経済活動を産み、産業を創造し雇用を作りだす源であり、世界中でイノベーションの要として位置づけられています。

▼グローバルな視点
若い起業家にとって、世界中から集まった仲間と共に学び触発し合うことは、幾多の困難を超えて自らの事業を突き進めるための大きな自信に繋がると同時に、自国に留まらず舞台を世界に広げるために必要な、グローバルなビジネスの視点を学ぶ貴重な機会となります。

▼アジア発のイノベーションを日本から世界へ
本年で5回目の開催となるAEAは、成長著しいアジア全体から、知恵や技術を駆使してチャレンジする若き起業家を呼び込む仕掛けづくりを行い、大手民間企業から起業支援者まで、産官学が一体となったアジアのイノベーション創造におけるエコシステム(生態系)構築を目指しています。

>>AEA2016公式サイトはこちら

AEA 2016開催概要

■日時: 2016年6月5日(日)~7日(火)の3日間
■会場: 6月5日:Clipニホンバシ(東京都中央区日本橋三越前)
6月6日:KOIL(千葉県柏市)
6月7日:経団連会館(東京都千代田区大手町)
■主催: 一般社団法人フューチャーデザインセンター
■共催: 三井不動産株式会社
国立大学法人東京大学産学連携本部
一般社団法人日本経済団体連合会
一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズ
■スポンサー:
<プラチナスポンサー> グローバル・ブレイン株式会社/新日本有限責任監査法人/株式会社電通/株式会社日立製作所
<ゴールドスポンサー> シンガポール航空/TMI総合法律事務所/株式会社東京大学エッジキャピタル
<シルバースポンサー> 株式会社ICMG/株式会社岡村製作所/東京圏雇用労働相談センター/三菱UFJキャピタル株式会社/株式会社三菱東京UFJ銀行/日本電気株式会社/日本ニュービジネス協議会連合会
■メディアパートナー: イシン株式会社/THE BRIDGE/事業構想大学院大学/Tech in Asia/ニュースイッチ(日刊工業新聞)
■後援: 経済産業省/文部科学省/千葉県/柏市/科学技術振興機構/JETRO/日本ベンチャー学会/日本ベンチャーキャピタル協会/ベンチャーエンタープライズセンター/日本デザイン振興会/インド大使館/タイ王国大使館/Ateneo de Manila, Gladuate School of Business/Epoch Foundation/FOREIGN TRADE UNIVERSITY(HANOI, VIETNAM)/Graduate Institute of Technology, Innovation & Intellectual Property Management, National Chengchi University/Hong Kong Science & Technology Parks Corporation/Kyungpook National University/MetaMo / Change Maker Co., Ltd./PSG-STEP, PSG College of Technology, Coimbatore, India/PUTRA BUSINESS SCHOOL/Skolkovo Foundation/Student Career Center, Peking University/University of Sydney

■公用語: 英語(一部同時通訳、または日本語進行あり)
■審査方法:
(1)セミファイナル、ファイナルにおいて各企業がプレゼンテーションを実施。
(2)セミファイナルではエントリー企業がそれぞれ10分間のプレゼンテーションを行い、上位6社がファイナルに進出。
(3)ファイナルでは10分間のプレゼンテーションを行い、公正な審査のうえ各賞受賞者を選出。
■審査基準:
(1)事業の革新性/経済的・社会的影響力 (世界経済・社会に変革をもたらす可能性、事業の拡張性)
(2)事業の実行力 (競争優位性、マネジメントチーム、戦略の全体整合性、プレゼンテーションスキルを含むコミュニケーション能力)
■参加ベンチャー企業要件: 下記の要件をすべて満たすこと
(1) 設立5年以内であること
(2) 未上場会社であること
(3) テクノロジーベンチャー企業であること
(4) 大学や研究機関、インキュベーション施設などにおけるベンチャー企業育成の責任者から推薦があること
(5) 参加ベンチャー企業、および推薦者が、2016年6月6日および7日の2日間とも終日イベントに参加可能なこと

一般公開プログラム(6月7日)概要

■開催日: 2016年6月7日(火)
■会場: 経団連会館(東京都・千代田区大手町)
*9:30-18:15のプログラムは一般公開(有料)、18:30-のプログラムは主催、共催、協賛、後援のみ公開
■プログラム
9:30-12:00 セミファイナルセッション
エントリー企業が5グループに分かれ、10分間のプレゼンの後、10分間の質疑応答を行います。エントリーした全企業の中から、ファイナルセッションへの進出をかけた戦いが繰り広げられます!
12:00-13:30 ランチ(休憩)
14:00-14:20 ご挨拶、ファイナル進出者発表
14:30-17:00 ファイナルセッション(6社)
セミファイナルを勝ち抜いた6社の企業が、プレゼン10分+質疑応答10分を行ないます。選び抜かれた先鋭6社のプレゼンで、AEAが最も盛り上がりを見せるセッションです!
17:00-17:20 休憩
17:20-17:30 講演: (近日公開予定)
17:30-18:15 特別講演「僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。」
izumo
出雲 充(株式会社ユーグレナ 代表取締役社長)

東京大学農学部卒、2002年東京三菱銀行入行。2005年8月株式会社ユーグレナを創業、代表取締役社長就任。同年12月に、世界でも初となる微細藻ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に成功。世界経済フォーラム(ダボス会議)Young Global Leader選出(2012年)、第一回日本ベンチャー大賞「内閣総理大臣賞」(2015年)受賞。 著書に『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』(ダイヤモンド社)がある。

微細藻類ミドリムシ(学名:ユーグレナ)はワカメやコンブと同じ藻の一種で、栄養価が高くCO2を吸収することから、食料問題、エネルギー問題、地球温暖化を解決する希望として注目を集めています。株式会社ユーグレナは「絶対に不可能」とまで言われてきたミドリムシの食用屋外大量培養に2005年に世界で初めて成功し、ミドリムシを広める技術を確立しました。またミドリムシが含有する油脂がバイオ燃料に適していることからバイオジェット燃料やバイオディーゼル燃料への研究開発も行っております。2014年12月3日より東証マザーズから東証第一部へと市場変更をいたしました。本講演では、起業を思い立ってから、上場するまでの軌跡、今後の未来像についてお話し頂きます。

一般公開プログラム(6月7日)参加申込み

■一般参加費: お1人様 10,000円
※TEP会員はTEP事務局までお問い合わせください。
※一般参加費は、6月7日(火)当日に会場にてお支払いください。お支払いができない場合はご入場頂けません。
※Peatixでお申込みの場合、Peatix画面上では無料チケットとなっておりますが、会場にて現金でお支払いください。また、当日お越しになられなかった場合は、課金されることはありません。

■お申込み方法:
お申込は、次のいずれかの方法でお願いいたします。
(1)チケット販売サイトPeatixaea2016.peatix.com)から申込み
(2)メールに以下①~⑥を明記し、タイトルを「AEA2016参加申込」として、aea_event@jtbcom.co.jpに送付
①氏名
②ご所属
③肩書き
④E-mailアドレス
⑤電話番号
⑥分類 <a.ベンチャー企業 b.投資家・VC  c.大手企業・新規事業ご担当者 d.大学・研究機関 e.その他民間企業 f.行政 g.学生 h.その他 から1つ選択>

Share Button